« BC大きく変化した銘柄の分析 | メイン | ED新値をつけた銘柄の分析 »

2012年02月14日

A.2/14日の相場

ニューヨークダウは72ドル高い12874ドルで終わりました。今しばらくはもみ合い状態が続くと考えます
このボックスが上に抜けて新値を付けてくると日本株にもいい影響を与えてくるでしょう。
米国はIT系がかなりいい決算を出してきて、これが良い方向に向かってくると考えます。
シカゴ日経は9030円で終わりました。下値がかなり固いです。
 日経も昨日は下値が固く8950円で止まっています。9000円をキープできれば新値になってくる
可能性が出てきます。

はるかさま 出来高10倍のことですが、東証一部では上昇する銘柄、下げる銘柄があります。
一部以外は下げる確率はかなり高いです。
一部での上昇、下降の見分け方は例えば3521この場合窓を大きく開けています、このような時は
下げることが多いです、また7868の場合は出来高10倍でも窓を大きくは空けていないです、窓が
大きく作用していると考えてます。

投稿者 kotaro : 2012年02月14日 06:08