« BC7/17日大きく変化した銘柄の分析 | メイン | BC7/21日大きく変化した銘柄の分析 »

2009年07月21日

A.7/21日の相場

 さてニューヨークダウからになりますが、ニューヨークは本日も大幅高で終わり終値は8848ドルで終わり今のボックスの上限である8832ドルに近ずいてきました、明日には上限に達するでしょう、達したところで調整があるかと思いますが、この調整は8600ドルまでの調整になりそうです。
 シカゴ日経ですがニューヨークダウにささえられ、上昇でしたしかし明日ないしはあさってに25日線にぶつかります、ちょうどニューヨークダウがボックスの上限に到達する時に25日線にぶつかりそうです。
ここで抜けてくるといいのですが、ここを抜けるにはまだエネルギーがたりないと考えます。
 日経ですが、シカゴ日経と同じで25日線にぶつかると調整になる可能性があります。しかし下げても
75日線あたりでとまるでしょうから下限は9300円あたりでしょう。
 金曜日も書きましたが株は2極化現象です、ですから下げている銘柄で75日線を切ってきてる銘柄はしばらくは手を出さないほうはいいでしょう。

ニコッX5つさま 7231ですがボックスの下限、25日線とぶつかるところの買いいいと思います。

ジョニーさま 8515ですが75日線までもどしました、本日きちっと上昇で75日線を回復すれば大丈夫です。6966ですがきちっと25日線でとまっていますので、ここから大きく下げることはないかと思います。
しかしボックスの下限930円を割ってくると注意です。

なかじまさま 調整の見分け方ですが、まず25日線を割って、3日以内に25日線を戻さないと、調整に入ることが多いです、ボックスの上限、は日で1回高値をつけたところが週では前回同じ価格帯のところを
探すことです、また下限は直近で下値で価格帯が多いところです、文章で説明するのはなかなかむずかしいですが、今度の本には具体的なボックス上限、下限を具体的に説明します。

投稿者 kotaro : 2009年07月21日 05:07