« A.6/9日の相場 | メイン | A.6/10日の相場 »

2009年06月10日

BC6/9日大きく変化した銘柄の分析

C大きく下げた銘柄の分析
大きく下げた銘柄は殆どありませんでしたが、下げた銘柄の分析
6751日本無線 ボックスの下限、25日線にぶつかりました、反発の可能性がありますが、寄り付が
25日線を割ってくると下げが加速する場合もあります。
1821三井住友建設 下ひげで窓を埋めています、反発の可能性が高いですが、寄り付が昨日の終り値より安く始まると下げる可能性があります。
8253クレディセゾン ボックスの下限にきています。
B大きく上げた銘柄の分析
7961兼松日産 篠崎さん銘柄ですね、素晴らしい上昇でした、今のボックスの上限は161円ですが
今の勢いですとここもぬいてくる可能性があります。もしそこを抜いてくると今度は201円が壁になってきます。昨日のボックスの上限値は小さなボックスで201円は大きなボックスです。小さなボックス、大きなボックスは今度の本に新しい高値の見つけ方でのせたいと考えてます。
8024シルバーオックス 出来高が減少しなければ、今度のボックスの上限は139円あたりにあります
8025ツカモト 出来高が減少氏空ければ、今のボックスの上限は133円あたりにあります。
6803テアック 今のボックスの上限は昨日の高値にあります
2215第一屋製パン 出来高が増えてくると、もう一段高になるのですが
3431宮地エンジニア 今のボックスの上限は昨日の高値にあります。
7968田崎真珠 短期売り1-3で下げる可能性が高いです。
6773パイオニア 13週線できちっと止まりました、長期上昇トレンドに変化はありません。短期ではようやく25日線を回復して来ました、もし5月にあけた窓を埋めてくるとまた新高根に向かう可能性もあります。

投稿者 kotaro : 2009年06月10日 05:01