« A.10/24日の相場 | メイン | BC10/24日大きく変化した銘柄の分析 »

2008年10月26日

日経平均の底は?

 読者より、数日前に貴重なメールを頂ました、内容はチャートでは実体経済がわからない、呆れる
と書いてきたメールでした。
 金曜日は私は想像が付かないくらいの下げでチャートでは考えられない下げになつてしまいました。
この下げは基本的に読者の方がいつておられるように、実体経済が大変悪くなつているからでしょう。
金曜日に円が一気に90円台になり輸出企業にとっては大打撃です。ますます実体経済が悪くなつてき
ました。金融安定化法案で金融関係は守られるでしょうが、企業の決算は悪くなるばかりでこれから
中間期決算がでてきますので、前年度の決算より悪い企業が殆どでしょう。
特にソニーが金曜日は大きく下げて日経を大きく下げになる原因を作ってしまつたのではないでしょうか
しかし、決算内容からしたら、私は下げすぎだと考えます。しかし株価はまださげるでしょうが(円高に対する影響で)
 日経は企業内容の悪化を先取りして大きく下げてきていると考えます、私は決算が11月に多くの企業が出てくると悪材料で尽くしで日経は底を打つと考えてます。今は下げている理由は決算内容など不透明な部分が沢山ありまた、海外の投資ファンドの早期現金化があり決算など関係なく売りをあびせてると
考えてます。
 日本の株は私は大きく下げすぎていると考えてます。しかし日経はまだまだ下げはと止まつてなく
バブル後の最安値7600円を明日はあっさり割るでしょう、しかし私は底は11月につけると考えで、では
どこまで下げるかですが、まずテクニカル的には-2σの現在の値は7243円です、まずはここを
目指すでしょう、そしてチャートをさかのぼりますと1982年10月1日に6849円をつけています。
ですから、私は6849円~7243円のあたりで底をつけるのではないかと考えてます。
 11月には大きく反発する可能性をひめていますので、経済対策が出るまでは、対策の催促相場になるでしょうから、下げが続くでしょうが、底からは急反転することも考えられますので、ここ3~4週間が山場でしょう。

投稿者 kotaro : 2008年10月26日 04:56