« BC10/29日大きく変化した銘柄の分析 | メイン | BC10/30日大きく変化した銘柄の分析 »

2008年10月30日

A10/30日の相場

 日経平均の独り勝ちで2日で20%以上の上昇ですが、本日もまた上昇から始まるでしょうが
シカゴ日経は窓明け2回で上ひげで売り2-2になりそうです、ですから本日上昇でも明日は下げる可能性があります。シカゴ日経はボックスの上限である8800円までの上昇がありました、8800円ですと底値
から25%以上の上昇で上昇しすぎです。終値が8470円で終わり大きな上ひげでした。
 追加景気対策がでても材料で尽くしになるかもしれません、景気対策期待での20%以上の上昇と考えられますがもし材料で尽くしになると下げる可能性がありますが、上昇が急ピッチすぎると考えますが

篠崎さま 相場は完全に底を脱してきたようです、2281とてもいい形ですまだまだ上昇はあるでしょう。175円くらいまではありそうです。7581は25日線ばつちりですね。

ビリーさま スイングポジションで多くの銘柄がいまはでてきます、ようやく底を脱してきたようですので
中長期で考えるといいでしょう。9477は25日線までの上昇はあるでしょう。

ウゲオさま 考え方の一つとしてはボックスの上限がどこにあるかを考えるのも一つの考え方です
25日線にぶっかっても一時的にボックスの上限にいきまた下げることがあります。ですから25日線をこえてもボックス上限で止まることがあります。ですから場を見ながら売買がいいです、しかし中長期ですと
いまはとても良い買い場ですが。

明治さま 本日も大幅高から始まるでしょう、寄り付で5%以上上げた銘柄は売りが面白いでしょう
1802大林組 ボックスの上限にきています、W底の形で上昇するかもしれません売りは75日線がいいでしょう
8151は指し値売りいいと思います。
8755ですが多分窓明け上昇になるとかんがえますので売りは危険です。
8399ですが指し値での売りはいいでしょう
8051ですが25日線を抜いて寄り付くと売りは危険です
6480ですが75日線を指し値にするといいとかんがえます
792ですが寄り付次第ですが窓を空けて寄り付くと上昇の可能性があります。

投稿者 kotaro : 2008年10月30日 04:56