« A6/30日の相場 | メイン | A.7/1日の相場 »

2008年07月01日

BC大きく変化した銘柄の分析

やはりまだまだ本格的な上昇には時間がかかりそうですが、多くの銘柄は日経と関係ない銘柄の上下
例えば100円以下の銘柄の変化が大きく感じました。
C大きく下げた銘柄の分析
9971カーボーイ ボックスの下限での上昇でした、本日も買い1-2で上昇の可能性が高いです。
6494JFKHD 75日線で止まりました、反発の可能性が高いです。
6937古河電池 ボックスの下限まできています、反発の可能性が高いです。
B大きく上げた銘柄の分析
大きく上げた銘柄の中に上場廃止銘柄や、監理銘柄がはいっています、基本的にはこのような銘柄は
私はお勧めできません。もし買うのでしたら、デートレードが出来る証券会社でその日のみの投資でしたらいいでしょう、決して持ち越してはいけません、大きく上昇しても次の日は大きく下げることがあります
危険銘柄はその日その日の決済をしてください、それでしたら投資をしてもいいでしょう。
2149アジアメディア セリングで上昇の可能性が高いです
1880スルガ 7月下旬には上場廃止になります、危険な銘柄ですので、私はお勧めはいたしません
1997暁飯島工業 9時5分の法則がなりたつでしょう。
1710JOGHD 今週末に大陽線になると底値脱出になるのですが。
1972三晃金属 短期的には売り2-1で下げるかもしれませんが、まだまだ上昇の可能性があります
3878巴川製紙 出来高が増えてきました、新しいボックス圏にはいってきました。

投稿者 kotaro : 2008年07月01日 04:40