« A.7/22日の相場 | メイン | A.7/23日の相場 »

2008年07月23日

BC7/22日大きく変化した銘柄の分析

C大きく下げた銘柄の分析
あえて本日は書きません、昨日下げた銘柄の殆どは、不動産、建築など倒産危機の爆弾をかかえている銘柄がおおくありました。ほんとうに明暗が分かれています、昨日めずらしく夕刊フジを買いました。
そこに危ない108社リストと書いてあり、昨日下げた銘柄の多くはこの銘柄でした。決して危険な銘柄
に手を出してはいけません。
B大きく上げた銘柄の分析
3381ビズネット 出来高次第です、寄り付の出来高が50万株以上出来てると上昇の可能性が高いですが、出来高が減少してると下げる可能性があります。
9971カーボーイ 売り2-1で下げる可能性が高いです。
6759NECトーキン 25日線を出来高をともなつて、上昇してきました、更なる上昇の可能性があります。目標値は430円で
6704岩崎通信 きれいな中期買い2で、買い場は25日線にぶつかったところですね。
5009冨士興産 出来高がもっとできると、新しいボックス圏にはいつてくるのですが
5017AOCHD まずは25日線を目標値で
6489前沢工業 ボックスの上限にきています、寄り付で出来高が多く250円以上で寄り付くと上昇の可能性が高いです。

投稿者 kotaro : 2008年07月23日 04:31