« A.7/14日の相場 | メイン | A.7/15日の相場 »

2008年07月15日

BC7/14日大きく変化した銘柄の分析

C大きく下げた銘柄の分析
6650春日電機 窓空け3回ボックスの下限にきていて、上昇の可能性が高いですが、大きく戻すことはないと考えますが。
8423フィデック 下値抵抗ラインを割ってきています、更なる下げになる可能性が高いです。
9997ベルーナ まだまだセリングにはなつていません。
B大きく上げた銘柄の分析
1880スルガコープレーション 完全に仕手化しています、素人が手をだすと怪我をする銘柄です。今月いっぱいで上場廃止になります。急落することもありますので、買いは控えたほうがいいでしょう。
2149アジアメディア 9時5分の法則がなりたつ可能性が高いです。
2736サダマツ 9時5分の法則が成り立つ可能性が高いです。
1783ACHD 9時5分の法則が成り立つ可能性が高いです。
4003コープケミカル 日経に左右されない銘柄の一つですね、調整しながら上昇するとてもいいパターンです。
3315三井鉱山 25日線までの上昇する可能性はあります。

投稿者 kotaro : 2008年07月15日 04:08