« A7/10日の相場 | メイン | A.7/11日の相場 »

2008年07月11日

BC7/10日大きく変化した銘柄の分析

C大きく下げた銘柄の分析
9997ベルーナ 本日下げが大きいと下値抵抗ラインを割ってきて更なる下げになる可能性が高いです。
8913ゼックス 寄り付き次第ですが、買い1-3になる可能性があります。
3207中央コーポレーション セリングクライマックスになる可能性が高いです。
B大きく上げた銘柄の分析
8868アーバンコーポレーション他不動産株で上昇したものが多くありました、短期的には25日線までの
上昇はあるでしょうが本格的な上昇には時間がかかるでしょう。
5659日本精線 本日窓を空けて上昇しますと3回になります。
8101GSIクレオス 新しいボックス圏にはいってきました。
4224ロンシール 新しいボックス圏にはいってきました。
1921巴コーポレーション いつも25日線で反発です、25日線まで下げたところで買いがいいでしょう。
8205OKK 出来高が増えてきました、本日の終値で245円以上で終ると来週が楽しみです。
4003コープケミカル まだ過熱感がなく上昇の可能性があります。寄り付が窓を空けないといいのですが。

投稿者 kotaro : 2008年07月11日 04:38