« BC2/6日大きく変化した銘柄の分析 | メイン | BC2/7日大きく変化した銘柄の分析 »

2008年02月07日

A2/7日の相場

 相場はとても不安定になつてきました、ニューヨークダウはまた下げて終りました。大きく下げたときは
買い4の反対を考えて大きく下げたときに1日待つでこれで戻さないとまた下げるですね。ニューヨークは下げてしまいました、これで日本もまた下げになる可能性がでてきました、シカゴ日経は全く日経の
後追いになつています。昨日は東証1部の下げが目立ちましたが騰落レシオは76%でまだ中途半端な値です、本日は東証以外の銘柄が下げてくるのではないかと思っています。
 まだ、投資は我慢したほうがいいでしょう、今度の下げがどこで止まるかですね。
まずは、どこまで下げるかを見るのがいいでしょう。

篠崎さま 9449GMOですが、こんなに大きく下げて寄り付くとは思いませんでした、本日戻したところは
一旦売却がいいですね。

ムタさま 3109シキボウですが、短期売り1-2の変形で下げる可能性はあります、但し短期で25日線までで、ここからは戻す可能性がありますので、売りは短期でしたらいいでしょう。
6445蛇の目ですが、一番良い売りのかけ方は25日線にぶつかつたところが一番いいですが。

さちさま 手堅く2番底まで待つのがいいですね。

桑原さま 8789フィンテックグローバルですが、本日がきちつと上げるかどうかです、25日線をぬいてきていますが、買い4と考え1日待つと考えるのがいいでしょう、もし大きく下げなく出来高が増えてくると
底値脱出になるのですが。
1757千年の杜 ですが買い1-1にはなつていますがどのあたりで買われたかわかりませんが、今は乖離率が高いので下げになる可能性は高いでしょう、高値でもみあつていますので下げは80円くらいまであるかもしれません、そこで戻せれば相場が続きますが戻さないと終ってしまいます。
9449GMOも乖離率が高く調整やむなしです、もし下げが500円の窓を下ひげで埋めると反発の可能性がありますが、もし下ひげでなく大陰線ですと相場は終ってしまいます。
6650春日電機もそうですが乖離率が高いです、調整はやむなしでしょう、週足できちつと陽線になると
まだ上げる可能性がありますが。
上昇してる銘柄は相場全体が上昇相場のときは安心ですが、全体相場が不安定のときはすぐのって
すく売却するのがいいのではないかと考えますが。中長期で考えるときは移動平均線(26週線)で止まるかどうかです、ここで止まると中長期でもっててもいいのではないかと思っています。

投稿者 kotaro : 2008年02月07日 05:11