« 今後の相場見通しと出来高について。 | メイン | BC8/17日大きく変化した銘柄の分析 »

2007年08月18日

9時5分の法則(チャート講座)

先週チャート講座で9時5分の法則は行いませんでした。これは9時5分に相当する銘柄がなかつたからです。
9時5分の法則(9時5分~9時20分くらいに起こる現象
今回きれいなチャートがありましたので紹介します。
1867植木組の昨日の時間足チャートをご用意ください
 このチャートのように大きく上げた銘柄に起こる現象です。ですから大きく上昇した銘柄をチェックすると
面白いとおもいます。私は大きく上昇した場合短期買い4の法則でと書いてますが、寄り付が+-5%以内ですとこのような現象が起きることが多いです。それとこのチャートは典型てきなもので、ひげと陽線の長さが大体同じ場合~陽線が1/3以上の時にその次の日はひげの頂点より少し下まで上昇することが多いです。
 例えばこのチャートと木曜のチャートを見てください。木曜日の頂点は285円で金曜日の頂点は278円
です、ですから約3%位下げたところで指し値をすると頂点で売ることが可能になることが多いです。
大きく変化した時(+-5%)になるとこの法則は成り立たないことが多いです。

 ですから私が銘柄で上げるでしょうといつてもこの法則を理解してると、下げることもあるということが理解できると考えます。
  期買い4の法則は1日待つです。買い5の法則は今、多くの銘柄を検証してますが、4日間上昇が必要ではないかと仮説をたてています。4日目に1日目よりも安くなると成り立たないことが多いようです。

投稿者 kotaro : 2007年08月18日 20:04