« 9時5分の法則(チャート講座) | メイン | A.8/20日の相場 »

2007年08月20日

BC8/17日大きく変化した銘柄の分析

C大きく下げた銘柄の分析
17日のブログで大きく下げた銘柄が少ないのでまだ下げることがあると書いてあるのを読んだ方はいますか、多くの人は銘柄しか見ないと思いますが、ここに書いてあることも是非見ていただきたいと思います。さて金曜日は大きく下げ10%以上下げた銘柄は200以上で日経が今年最大の下げになり本日は大きく上げる可能性がでてきました。
ボックスの下限まで来ている銘柄。 4772デジタルアドベンチャー 5713住友金属鉱山 
     7007佐世保重工 5480日本冶金工 1890東洋建設 5563日本電工 6302住友重機械
     9107川崎汽船 
ボックスの下限を切ってきてる銘柄で一時的に上昇すると思われる銘柄(中長期では下降トレンド)
     2768双日 5707東邦亜鉛 5541太平洋金属 1971中央ビルド 7202いすず自動車
     5405住友金属 4002コニカミノルタHD
75日線にぶつかつて反発になる可能性になりそうなもの
     9132中央汽船 9110新和海運 5302日本カーボン 6378木村化工

B大きく上げた銘柄の分析
1757千年の杜  昨日勉強した9時5分の法則が成り立つとかんがえます。高値は115円くらいでそこから下げて86円くらいまでの下げがある可能性があります。
8558東和銀行 25日線を抜けるかどうかです。抜けると230円くらいまではあると考えます。
1833奥村組 買い2-3できれいな上昇でした、725円が当面の高値ですが、ここを抜けると新高値に挑戦することがあるでしょう。
2350オックスHD 23000円に大きな壁があります、もし今後上昇しても23000円が頂点になる可能性があります、一般投資家は投資をしないほうが良いでしょう。

投稿者 kotaro : 2007年08月20日 03:18