« BC7/11日大きく変化した銘柄の分析 | メイン | BC7/12日大きく変化した銘柄の分析 »

2007年07月12日

A7/12日の相場

 本日は昨日売り2-1の逆のパターンで上昇になるでしょうと書きました。このようにシカゴ日経も上昇で
18125円で終りました。日経も同じように戻してくるでしょう。寄り付が昨日の始まり値18166円より高くよりつくと買い4の逆のパターンになり窓を埋めるのは、早いかもしれません。そうすると昨日の下げは一時的になる可能性があります。窓をうめると勢いがつくと考えます。

 日経はきれいな長期買い2になつてることが解るでしょうか

篠崎さま 5660新たなボックス圏にはいつてきて、おもしろくなつてきましたね。

sigesさま 9時半の法則をほめていただき恐縮です、私は人の真似ではなく自分で努力して自分の考え方をまとめてます、いろいろな株の本は昔の考えをまとめたものが多いですが。。
 今度は9時5分の法則も検証してみてください、とても面白いですよ。


杉山さま なだれ現象(終わり数分で売り崩しになること)これは時々おこることがありますが。
これは9時5分の法則と9時半の法則で対処することをおすすめいたします。

oreryuuさま 仕手株については、どこで調べてもでていますが、私の考えはまず急激に出来高が増える銘柄でこれは仕手集団が火をつけるものがあります。それから木村化工みたいに上昇がとまらないもの私は乖離率が25%以上のものを考えてます。
田淵ですが、雪崩現象(終わり数分で売り崩しになること)がありさげました。本日は9時5分の法則と
9時半の法則をうまく使ってください。

投稿者 kotaro : 2007年07月12日 05:23