« A4/13日の相場 | メイン | 安定している船関連株が長期では良いでしょう(長期買い2&3) »

2007年04月14日

これからの相場の見通し

 昨日の日経は大きく下げ予想が全くあたりませんでした、このような時は必ず9時半の法則(チャート講座にあります)とあわせて見ることが大事です。9時半の法則はほぼ8割くらいの確立であたる可能性があります、今度出す本には9時半の法則を詳しく書きますので期待してください。  昨日は寄り付こそ高く始まり後場の寄り付が前場寄り付より安かったのでさらに大きく下げました。

 これからの展開を考えて見ましょう。
 まずチャートを見てみましょう、昨日の安値が75日線にぶつかってます、ここを切ると大きく下げる可能性があり多くの人が予想しているアノマリーの法則(季節要因による株価の変動)がなりたってきて、下げに入ってくるでしょう。
 しかし、私は今のところはここを割る気配はないと考えます、昨日ニューヨークダウが59ドル高を示し
一昨日に大きく下げた90ドルを一気にもどしました。日本は出遅れています。シカゴ日経は短期買い1-3を示していますので短期的には上昇する指標がそろってきています。サイコロジカル、騰落レシオなど
ですから、いまのところまだ上昇トレンドに変化はないと考えてます。
 しかし、この状態が長く続きますと長期移動平均線26週線にぶつかり下げになることがあります、ですから早く週足で17700円以上突破することが大事です。17700円を突破すると更なる上昇が見込まれるでしょう。

 今、最大の原因は一昨年大儲けした一般投資家が昨年大きくやられた方がいるので株式投資をやめてる方が多くいることではないでしょうか、特に超低位株に投資して1/10になった人もいるのではないでしょうかですから株式投資はいま開店休業状態だと考えます。例えば9898サハダイヤに投資した人は
1/10以下になつてしまってどうしようもなくなってるのではないでしょうか、このような銘柄が沢山あります、これは大事な投資の考えですが必ずデッドクロスになつたら早急に売却をすることが大事です。そうすると損が少なくてすみます。超低位株の下げでまだまだ不安を抱えてる投資家がまだ下げるのではないかと考え投資を控えてるのでしょう、原因は私は9898サハダイヤがどこで反転するかで一般投資家のマインドが変化してくるのではないかと考えてます。この銘柄群の中には監理ポスト銘柄も沢山あります、業績が良くて財務が良いのに株価が安いこの場合指標(PBR、PERなど)は役に立たないことが多いです。
今、相場が冷えてるのは基本は投資家のマインドにあると考え、マインドの変化が株価の上昇を左右してくると考えてます。
 このように投資家マインドが私はとっても大事ではないかと考えてます。

明日10時頃までに短期銘柄と中長期参考銘柄を立ち上げますので参考にしてみてください。
 

投稿者 kotaro : 2007年04月14日 19:19