« 倖多朗の独り言(成り行き買いと指値買い) | メイン | 倖多朗の独り言(幸せの顔を撮る写真屋さん) »

2006年05月28日

倖多朗の独り言(損切りと長期投資)

 株式投資を始めたばかりの人は毎日の株価が気になり仕事が手がつかない程いつも株価を見てるのではないでしょうか、私の知ってる会社の社長さんは社員に株式投資を禁止しているところもあります、
今の若い人たちは手軽に儲けようとして株式投資に入りますが私はきちっと仕事はしていただきたいとおもっています。私は会社の社長をしていますが社員には株をやるなとはいいません。なぜかといいますと社員に長期投資をすすめているからです。
 長期投資は少なくても2年は持つことをお勧めします、長期投資ですと仕事には支障がありません、デートレしているひとは仕事が手がつかないほど分単位で株価がきになつてしょうがないからです。
私のデートレ感を是非見ていただきたいとと思います。

 ここで仕事に支障がないようにするには損切りポイントを決めることです。私の弟子達には損切りの仕方を必ず教えます、このことにより損を拡大せずに他の銘柄でまた儲けることができるからです。
損切りのポイントは5%にしてください。5%の損になりましたら必ず損切りをしてください。
もちろんそこからあがることもあるかと思いますが、毎日毎日株価を気にしなくて、仕事が楽しくできるためには損切りポイント5%を必ずお願い致します。

投稿者 NS : 2006年05月28日 05:30