« A.5/1日の相場 | メイン | テクニカル分析とファンダメンタル分析その1 »

2006年05月02日

倖多朗の独り言

 無事、人間ドックから帰ってきました。これから安心して皆様にこのブログを続けられる様になりました。
 ところで先週アマゾンでお二人の方が本の批評をしていただき大変有難うございました。時間をさいて頂き本の批評大変感謝しています。

 五郎様 はげましの言葉大変勇気ずけられました有難うございました。

 ご夫婦で2册買われた方 厳しいご指摘有難うございます、実は私は長期ホルダーでもあります。私の手落ちなのは皆様にポトフォリオ(分散投資の仕方)を教えてないことです。今の時代長期を60%短期を40%の分散投資で組むことが良いと思います。この本は短期で書いてありますが長期の本も出す予定になっています。
私の知人で長期で100倍になった銘柄を持っている人がいます、その方はまだ先祖が残したその株を持っています。そして家族が危機に陥るとその株を少し売って家族の危機に対応してます。
 私は昭和44年に買った本でザ・マネーゲーム(アダムスミス著)全世界で1000万部売った株の本での超ベステセラー本にDon't Touch IBM ということが書いてありますこれは先祖の持っているIBMの株が家族を救う話です。このように長期投資はとても大事なことです。長期投資の銘柄も是非組み入れて下さい。長期投資の仕方もお教えしたいと強く感じています。

 また、ブログで私が低位株について書いていることは一般投資家の方がやはり投資できる金額は100万円以下ではないかと思い特に低位株について詳しくあいてあります。もちろんCカテゴリ Bカテゴリには低位株でないもでも私の法則にあてはまったは載せています。私はできるだけ多くの人が利益をだしていただくことが私の喜びです。
 私は考え方を臨機応変にしています。相場は突然変化することがあります(地政学的リスクで)ですから臨機応変は非常に大事だと感じています。

 お二方の方アマゾンの評大変有難うございました。

 また今週も低位株について書いて行きます。低位株の相場が来週からスタートしてきます、是非参考にして下さい。

投稿者 NS : 2006年05月02日 19:30