« 倖多朗の独り言(空売りで利益が出せる大相場) | メイン | 倖多朗の独り言(私のデートレード感) »

2006年05月23日

A.5/23日の相場

 本日はCカテゴリー、Bカテゴリーは休みます。相場は大きく変化がありましたのでその変化を皆様にお伝えしたいからです。私が思ってたように完全にデッドクロスになってきたようです。一般投資家の多くの方が含み損をかかえて不安をもってるのではないでしょうか?このブログを見ている方で本で
勉強されているかたは勝ち組みに入ることでしょ。さて売りの法則1-1(60頁)、売りの法則5(84頁)勉強してみましたか?その銘柄に対応する銘柄を下記に書きますので参考にしてみて下さい。
売りの法則1-1 7011三菱重工業(521円) 6701NEC(700円) 7003三井造船(347円)
        1801大成建設(460円) 5405神戸製鋼(376円) 4208宇部興産(357円)
        5801古河電工(769円) 6702富士通(868円)3407旭化成(767円)
        8604野村HD(2265円 100株単位) ソフトバンク(2895円 100株単位)
売りの法則5 8058三菱商事(2485円 100株単位) 5405住友金属(492円)
       7012川崎重工(404円)
 この銘柄群は信用の買い残が直近増加した銘柄です。株を始めたばかりの人は下がって安いから買うという人が多いですがそれは大きな間違えでさらに損を拡大することになります。この相場が落ち着く条件は大きく下げることです。これは心理的な部分ですが大きく下げると不安が増大してなげの加速がつきますそして追証が発生してまた投げが多くなります、ですから大きく下げることが必要です。そううすれば出来高急増して相場は終息します。(中途半端に戻すと時間がかかります。)その時出るチャートが買いの法則1-2(34頁)買いの法則1-4(40頁)が出ます。その時が強力に買いです。出た時にお知らせします。

 どのような株の本でもリアルタイムで勉強出来るものはないと思います。いろいろな株の本で机上で
勉強していてもだめです。実践で勉強することが大事です。そしてこの本の法則を覚えておけば10年たっても20年たっても役立つ本でしょう。

投稿者 NS : 2006年05月23日 06:00