« B.5/17日大きく上げた銘柄の分析 | メイン | C.5/18日大きく下げた銘柄の分析 »

2006年05月18日

A.5/18日の相場

 昨日のブログにも書きましたが、いよいよデッドクロスになりそうです。是非、本で確認してみて下さい60頁に解説が書かれてありますのでリアルタイムで確認できるでしょう。日経でデッドクロスは今年初めてです。これを覚えますと売りのタイミングが理解できますので今後の売買の大きな参考になります。

 専門家の方々は5月17日で反騰するといっている方が多かったですが、本日は大きく下げる可能性が高くなってきました。ニューヨークダウが214ドルで今年最大の下げでした、またシカゴ日経が15925円で終わり日経平均より380円以上の下です。本日も大きく下げるでしょう。下げますと信用取引をしている方に追証が発生して下げのスパイラル現象が起きて下げが下げをよびます。信用買い残が積み上がっている銘柄がターゲットになります。ですから一般投資家の方が最近買っている銘柄たとえばソフトバンクなどが狙われるでしょう。このような時か空売りは信用買残が積み上がっている銘柄を調べて空売りをかけると利益を得ることができるでしょう。

 ところで反騰のポイントですがまず早く大きく下げることです。私は信用の追証で投げ売りで恐怖が高まった時に反騰が起きます、これはセーリングクライマックスといいい投げで出来高が急増することがあります。ここが絶好の買い場です。
罫線上では  買いの法則1-4(本文40頁)  買いの法則1-2(本文34頁)このような形が出れば上昇です。私の考えは底値は15000円で底をつけ下ヒゲ陽線が理想パターンですが.....

 このような相場でも取りたい方は私が10年以上前にあみだした信用ペアートレードシステムです。
これは買いと売りを同時にかけるのです、今の相場売り優勢ですから売り70%で買い30%で買います
そうするとどちらに動いてもとれるのです。デートレにはお勧めですが2日以内に処分することがだいじです。この方法は危険ですのであまりお勧めは出来ませんが。

 ところで素人が陥りやすい株式投資は安いから買うという間違えをします、安い銘柄はまだまだ下げます何ピン買いを入れて損を拡大する方が多いようです、きちつと買いの法則が出てから買いましょう。今は底入れを待つのが一番無難です。

投稿者 NS : 2006年05月18日 06:09