« A.4/14日の相場 | メイン | T.100円以下の銘柄分析その1 »

2006年04月14日

N.倖多朗の本の基本的な考え方

 アマゾンの株本の部門で1位を保っています。皆様ありがとうございます。
アマゾンに本の評を書いていただいた方大変感謝です。私もこのように書かれていると益々皆様に役に立つよう頑張らなくてはと感じています。
 また、このブログを見ている方が本を見て頂ければよりリアリティー(現実性)が増すことと思います。私は皆様方に私の知っていることをすべて公開しようと考えています。私は大学は工学部卒で偉い株式評論家の先生方とは違いこつこととチャートの勉強を朝3時に起床して4時間はチャートを見ることを日課にしています。この本は確率論の本です。確率が稀に外れることもありますが。

 いま巷に出回っている本は出版したら終わりです、私は本を買って頂いた人に少しでも私の勉強したことを伝えたいと思っていますので、生徒は沢山いますが、本のコンセプトとして何億儲けたとかいう本にはしたくありませんでした。なぜかと言いますと一般投資家の方は何億儲ける確率は低いと思います、やはりこつこつと少しずつ積み上げて行くことが大きな利益になり、倖多朗の5つの法則を身につければ今後どのような相場(大暴落)がきても安心して相場をみてられると思っています。

 私は若い時代にアメリカで株の本を買って勉強しましたが、どの本も具体的な事が書いてありません
もっと具体的な事(買い時期、売り時期のタイミング)が皆さんに伝えられたらと考えあみ出した法則で私が一番読みたかった本です。(書いてしまいましたが(笑))

 私は人が喜ぶ顔を見るのがとても好きです、株で損している人の顔をみると私も辛くなります、ですからその時は私も損させないよう人一倍勉強して教えたいと考えています。
(私ごとで恐縮ですが、私は十数年まえ株で大損して毎日朝が来るのが怖くて眠れない時期がありました、皆さんがこのような事がないように願っています。そのために私の5法則を勉強されることをお勧めいたします。)

 またブログは私が生きている間はずーと書き続けたいと思っています。是非暇な時は本を参照しながら見るとより参考になると思います。

投稿者 NS : 2006年04月14日 08:59